ユニヲンジャック

powerd by u-jack.me

2019年 柏レイソル 選手ら通知表

じゃあ今年もやっていこう。

J2での戦いとなった2019年、タフなシーズンだったけれど無事J1に復帰しました。

ありがとう日立製作所、ありがとうアフラック、ありがとう三協フロンテア、以下略。

チーム総括

ネルシーニョ、井原コーチ、布部GM、とそういう懐古路線って大体良い結果にならないイメージがあるのだけれど、見事にJ2優勝で昇格を決めました。素晴らしい。

特にネルに関して、「この2019年でも監督力は健在なのか」というのが大きな課題だと思っていたのだけれど、まあ見ての通りです。

apple watchをしていて現代サッカーに対応出来ないはずがない。銅像を建てましょう。

あとチームとしては、SNSやyoutubeの発信を頑張っていて良いなあと思う。

逆にアパレルは意味不明ですが今後に期待しましょう。

(今夏発売のボタニカルTシャツ)

監督

ネルシーニョ

隠居しかけていたのにまた死に体のチームをサカつくさせられた老将。

なんだかんだでシーズン通しての大局観が最強だったので、序盤こそ得点力不足だったけれど負けないチームを構築、夏以降はヴィトーリアだった。

秋めいてくると今度はウイイレ欲が発動、瀬川SBやジュニオール・サントス連打、ヒシャはベンチ外とやりたい放題だったけれど無事上位陣に全敗してラボは閉鎖された。

果たして来年の展望はどれほど描けているのだろう。

ただ僕はたまにちばぎんの45分で捨てたアンカーシステムに思いを馳せてしまうんだ。

GK

中村航輔

この人がいるだけで今年のJ2は相当アドバンテージを得ていたと思う。

そもそも移籍しておかしくなかったのに普通にいた。良い人なのかもしれない。

正直あんまり攻められるシーンも多くなかったし去年は出ていないし、そんなに今年の出来について詳しく書けないのがネックた。

次また脳震盪やったら現役生活が怪しいレベルなのに全然怯んでないのが凄い。やっぱりGKやる選手はメンタルが違うぜ。

桐畑和繁

レイソルのJ2を知る数少ない選手のひとり。

今年は航輔の離脱もなく出場機会は限られたけれど長いシーズンを戦う中で彼のような存在の大きさは計り知れない。インスタグラムのテンションが高い。

というわけでベンチにいても超心強い存在なのだけれども、秋以降はネルシーニョラボによって滝本にその座を奪われてしまった。来年のルヴァンは誰が出るのだろうか。

滝本晴彦

心強さより将来性を買われベンチ入りが定着している。

GKというポジションは1つしかないので航輔がいる限りなかなか出番がないのだけれど、22歳で髪型をオールバックにする胆力は只者ではないので期待している。

猿田遥己(→鹿児島)

GKというポジションが1つしかないので鹿児島ユナイテッドに修行に出た。

鹿児島でポジションを掴めているわけではないしチームはJ3に降格してしまったけれど、出場機会を求めて動くタイプの選手も応援したくなっちゃうよね。

松本健太(特別指定)

来季内定。上島ルートのユース育ち大卒選手。

つまり滝本と同級生なのだ。さっきからポジションが1つしかないことを連呼しているのに、1世代のユースから2人のGKがプロになるの凄くない?

来シーズンは第2GK争いが結構アツいので注目です。

佐々木雅士(2種登録)

2002年生まれってビビっちゃうよ。日韓w杯のとき0歳の世代がプロになっている。

松本の加入により来年のトップ昇格はないけれど、どこに所属しても頑張って欲しい。

1 2 3 4 5

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です