ユニヲンジャック

powerd by u-jack.me

J1-01 vsサガン鳥栖 (2017)

サガン鳥栖 1-3 柏レイソル

得点:クリス(PK)、オリベイラ(PK)、武富

2017年開幕戦勝ちました。嬉しい。

レイソルの話題を作文したい気運が高まったら書きます。毎試合はたぶんやらない予感。太陽通信。

前半

それなりに上手く試合を運びつつ無得点、大谷のファールから直接FKを決められて失点。

直接FKは鳥栖の原川選手が上手かったのもあるけれどあの位置のファールは難しいところだ。あと壁……。

後半

最速でハモンがPKゲット、クリスティアーノが真ん中に決めて同点。

ハモンのボールタッチが上手かった。あとPKとはいえクリスが開幕戦からゴールを決めてくれたのは良い。

謎のファールから2つめのPKゲット。オリベイラが右に決めて2-1。

これは鳥栖サイドに同情するなあ、単体でも意味不明なジャッジなのに1試合で2つ取るなんておかしいとしか思えない。まあ池内ってレフリーはおかしいと有名らしいけど。

対策としておかしいヤツを更生施設にぶち込むかチーム側が慎重に戦うかしかなく、チームとしては後者を選ぶしかないのだろう。まあ不憫。

話は戻ってオリベイラは去年のゴールが8割ぐらい左足でこいつは左利きなんじゃないかと思ってたけどPKは右で蹴った。柏のブラジル人は夏からのイメージがあるのでPKとはいえオリベイラも開幕戦でゴールを記録できたのは大きい。そういう意味合いでキッカーが変わったのだろうか。

3点目、クリスのクロスに武富が合わせて3-1。武富は第二子誕生直後のゴールっていうのは非常にめでたい。微妙なPKでゆりかごをやってもらうより父親本人のゴールの方が何倍も良い。めでたい。

クリスは1ゴール1アシスト。こんにちは、今年もクリスティアーノFCです。

全体を通して

PK2本で有利になった点は完全に否めないけれど豊田選手をほぼ完封できたし内容からしても妥当なスコアではないだろうか。スタメンが怪我をしない限りは去年同様の強さは発揮できるのはわかっていたので今節はそれが良い方に作用したような。

IJは本当に観ていて気持ちの良い選手だ。自分からガンガン仕掛けられるし、シュート・クロス・CKを貰う、をクレバーに選択できる。良い。

ハモンはいまいちよくわからなかったけれど前述の通り柏のブラジル人は夏からなのでそれまでは去年のオリベイラ同様ハッタリ枠として前半ピッチを漂わせて相手の体力を削り、後半武富や中川と交代で仕留めに行くって感じでどうでしょう。

そんな感じで、はい。

2017年シーズンに向けて期待を込めた作文

明日はちばぎんカップですね。

柏レイソルのサポーターを15年ぐらいやっているので柏レイソルのことを書きます。

2017年シーズンはどうだろうか。

いなくなった選手について

太田、稲田、TJ、茨田、湯澤*、秋野*、増嶋*、山中、エドゥアルド**

基本的に移籍していく選手を嘆いたり悪く言うつもりはない。選手生命は短いのだ。

なのだけれど、それを少しぐらいやっても良いのがインターネットというものだ。

TJだけはちょっと虚しくなったなあ。

どれだけ不調でもポンコツでもポルトガルに行っても、「TJは凄いんだぜ!」と言いたい一心で今まで応援し続けて来たのに、いま何も残さないまま居なくなるならそれは本物のポンコツだ。残念だけれど2011年と2014年に調子が良かっただけという評価になってしまう。

個人的に茨田のキャラクター(プレー内外)も大好きだったのでこちらも寂しい、けれどまあ環境を変えて頑張って欲しいっていう前向きな寂しさだ。でも大宮のユニフォームの似合ってなさをみるとやっぱり……みたいな。

茨田の移籍に伴って惜しまれるのが秋野だけれど、まだ若いし一応レンタルだし、「何かもう一つ」っていう選手だったのは確かなので五輪代表になれなかった不遇もいつかはビッグになって晴らして欲しい。

工藤の広島行きは多少モヤっとするが工藤と広島の問題であってどうすることも出来ないし今の前線に更に工藤が来たらアンバランスすぎるわ。

エドは仕方がない。メンデスによって不憫な感じになったけど最終的に川崎はレイソルより格上のチーム(と考えても良い)なので結果オーライじゃないすかね。本人が納得してやれてるならこちらもそれで良い。

新加入

ハモン ロペス、ユン ソギョン、大島、橋口、小池、古賀、猿田*、中川*

基本的にレイソル戦士は全員期待を持って応援するというスタンスなので期待を持って応援したい。

ハモンの使いどころや左SBのレギュラー争い、右SBはスタメン小池なのか、そしてスカスカのセンターラインなどに興味があります。

ここ数年のレイソルはあるポジションがヤバい感じになると若武者が覚醒するサイクルになりつつあるので手塚や安西にも期待。

目標

下平監督はACL圏内(3位)と言っていたけれどそれは結果の話であって、具体的にはもう少し取りこぼしの無い試合を観たいなあと思う。勝ち点はもちろん得失点もどうにも。

ハモンやユンの加入でセットプレーは去年より期待感がありそうなのは良い。

引いて守ってくる相手に対して、「90分でどう崩そうか」ではなくて「何でも良いから1点入れて勝つぞ」という感じがもう少し欲しい。

ACL圏内とか優勝争いって言葉は現実味を帯びてくるまでは現実味が無いので、取り敢えずはひとつでも上の順位に入ってDAZNに気に入られる、ぐらいのモチベーションで応援したい。

楽しみな部分

クリス、ディエゴ、ハモン、IJ、(大津)のフォワード陣は誰が見てもJ最強なのでその看板がそのまま破壊力に繋がって欲しい。頼む。

(大津)とか書いているけれど大津はどうしても期待してしまうし今年も10番をつけて残ってくれたので頑張れ大津。

そして意外とこんな顔ぶれの中でも出場機会を得そうなのは中川や武富なのでもうクリスやディエゴが警戒されるのは仕方ないとして警戒の薄いところをやっていって欲しい。やっていってくれ。

スカスカっぽいボランチやセンターバック、航輔が若干スペなのが怖いGKもなんだかんだ若武者が覚醒すると信じてるので良い感じにやってほしい。ワコが覚醒した2015年を思い出せば大体のスカスカは大した問題ではない。

そんな感じで、今年も楽しみましょう。